RECOMMEND
RECOMMEND
図解でよくわかる 上手な時間の使い方が身につく法
図解でよくわかる 上手な時間の使い方が身につく法 (JUGEMレビュー »)
加藤 幸弘
時間管理ができるわけない加藤が何を言っているんだろう?

と思ったら読まなくてもいいから買ってね^^
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

デンパ系DQNブログ

フシダラでイイカゲンで無芸大食で足が臭い
嘘は刹那の連続でつく
<< かわいいんだろうか? | main | 独学 >>
鳥越氏にちょっと・・・だが筑紫氏はもっとひどい
鳥越俊太郎はジャーナリストだが,まさかCMに出るとは思わなかった.
出演は自由だけど良いんだろうか?

有田芳生氏が指摘しているが,一理あると思うよ.


テレビを見ると鳥越俊太郎さんが保険のCMに出ていた。これまで何度か目に入り、強い違和感を感じていた。手術室に入る映像まで使いながら問題ある外資系保険会社の宣伝をしているからだ。情報までが商品になる「最果ての資本主義社会」にあって、生命までがその対象となることは、いまさら驚くこともない。しかし批判的精神を魂とするはずのジャーナリストが、そこにかかわるとしたら、どうしてもおかしい。詐欺的商法に加担することになるからだ。



もっとひどいのが筑紫哲也氏.

■筑紫哲也さん、5か月ぶりの生出演で“がん克服宣言”(読売新聞 - 10月09日 00:32)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=312173&media_id=20

筑紫哲也がガンを『克服』したそうだが,
こういうことを軽軽しくいうジャーナリストは早く死んだほうがいい.
>「ほぼ、がんは撃退した」と“克服宣言”。

TBS系の報道番組「筑紫哲也NEWS23」で、5月に初期の肺がんであることを告白、休養していたキャスターの筑紫哲也さん(72)が8日、同番組に5か月ぶりに生出演し、「ほぼ、がんは撃退した」と“克服宣言”。


 今後のレギュラー出演については、「(毎日は)すぐには無理と思う」としながらも、「大事なニュースや節目節目の時には、必ず出るという形でカムバックしたい」と意欲を述べた。

 筑紫さんは血色も良く、休養前よりふっくらした印象。「がんでも元気に生きているサンプルになれれば」と笑顔で語った。
(2007年10月9日0時22分 読売新聞)


むろん個人によって,ガンの種類によって,部位によって,進行によって癌は違う.
が,通常,手術で摘出後(退院した後),転移を防ぐため数年間の抗癌剤治療を行うのが一般的だ.
僕も化学療法であと3年以上,抗癌剤という名の毒物を体内に注入する.
再発や転移するのを防ぐためだ.
これも人によって違うが,化学療法による副作用はキツイ.

女性の乳癌の場合,おっぱいを摘出するのも女性としてのアイデンティティに関わるが,約10年という長い期間経過観察をするケースが多い.

なのに筑紫氏が癌克服宣言とは笑わせる.
もし癌患者に勇気を与えたなんて報道するなら筑紫には死刑が相応しい.
多少でもガンの医療知識がある患者と家族は呆れるんじゃないかな.

本当にコイツは真実を報道するジャーナリストなんだろうか?
彼はできれば癌で,しかも転移したガンで死ぬのがいい.
彼の死を報じることで,少しでも癌患者の治療実体が広く知れ渡るんなら
彼の死も無駄にならないだろう.
| 他人様のブログ拝見 | 18:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://blog.yukihirokato.com/trackback/852367