RECOMMEND
RECOMMEND
図解でよくわかる 上手な時間の使い方が身につく法
図解でよくわかる 上手な時間の使い方が身につく法 (JUGEMレビュー »)
加藤 幸弘
時間管理ができるわけない加藤が何を言っているんだろう?

と思ったら読まなくてもいいから買ってね^^
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

デンパ系DQNブログ

フシダラでイイカゲンで無芸大食で足が臭い
嘘は刹那の連続でつく
<< わが悲しき娼婦たちの思い出 | main | 麦の穂を揺らす風への批評 >>
“好奇心を持つ能力”と“自分で自分を教育する能力”
弾さんが紹介していた『歴史の断絶』だが,そのとおりだ.
あんまし学校に過度に期待するのもどうだろうかね.

学校出た後のほうが大事だ.
学校で基礎ができてないからヤバイんだろうな.

結局、そこが問題なのだろう。おれは、教育というものは、“好奇心を持つ能力”と“自分で自分を教育する能力”のたったふたつだけを身につけさせれば大成功だと思っている。あとはおまけだ。いまの教育というやつは、一生使える、最も大切なそのふたつ“だけ”をあろうことか軽視して、あとのどうでもいいことばかり教えている(というか、それはなにかを教えていることになるのか?)のではないかと心配になってくる。「美しい国」だか「愛国心」だかなんだかは、べつにどうでもいい(そんなこと、そもそも学校で教えなきゃならんことか?)。「これはなんだろう?」「自分で調べてみよう」と思える能力のふたつさえ身につけられれば、それらは一生の宝である。義務教育のあいだにそれさえ身につけさせられれば、あとはほっといてもいいじゃないか。人生は長いのだ。



| 他人様のブログ拝見 | 09:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://blog.yukihirokato.com/trackback/446723