RECOMMEND
RECOMMEND
図解でよくわかる 上手な時間の使い方が身につく法
図解でよくわかる 上手な時間の使い方が身につく法 (JUGEMレビュー »)
加藤 幸弘
時間管理ができるわけない加藤が何を言っているんだろう?

と思ったら読まなくてもいいから買ってね^^
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

02
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
--
>>
<<
--

デンパ系DQNブログ

フシダラでイイカゲンで無芸大食で足が臭い
嘘は刹那の連続でつく
<< 縛ってもらおうかな^^ | main | ピースボードの声明 >>
マオイスト
中国がマオイスト(毛沢東主義者)を弾圧するとは^^
しかも,中南米ゲリラ流のコミュニズムらしいし.


田中宇さんのニュースにはいつも驚かされる.

国際政治の概念図の中で、ネパールの「マオイスト」ほど、イメージと実態
が食い違っている存在も珍しい。「マオイスト」は、日本語でいうと「毛沢東
主義者」である。そして、ネパールは毛沢東を生んだ中国のすぐ南にある。こ
のことから、マオイストはネパールの親中国勢力のことを指すと思われがちだ。
たしかに、マオイストは、政党としては「ネパール共産党」を自称している。


 しかし、中国はマオイストを支援せず、逆に、マオイストと敵対してきたネ
パール王室を支援し続けてきた。マオイストは、王制と、封建的な土地制度が
残っているネパールで、王制の廃止と農地解放を実現するためにゲリラ活動を
行ってきたが、その思想は中国からの直輸入ではなく、ペルーの「輝ける道
(センデロ・ルミノソ)」など中南米の左翼ゲリラが掲げてきたアンデスの農
地解放の理想をお手本にしている。毛沢東思想は、中国から地球の反対側を一
周して、ネパールのマオイストの思想になっている。
| 他人様のブログ拝見 | 10:28 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
加藤さん、お久しぶりです。
書き込み有難う御座いました。

合宿以上に、皆さんのことをHPで
学ばせていただいております。

なかなか深〜いHPにハマり、隅々まで
読んじゃいました。

合宿は全てを通して、自身が何を得るかだと
私は思っています。

細かなことを取り上げて、云々ではなく、
与えられたことより、自分がどう当たり、
何が残ったかなのかなって。

私は、総裁や加藤さんの立ち振る舞いが
とても好きで、心地よかったひとりです。

これからも末永く、よろしくお願いします。

| 山口 拓 | 2006/10/02 10:22 PM |

山口拓さん,お久しぶりです.
そしてコメントありがとうございます.

合宿は,来年も機会があればまた参加させて欲しいと思いました^^V

今度事務所にお邪魔いたします!
| 加藤幸弘 | 2006/10/05 11:04 AM |










http://blog.yukihirokato.com/trackback/372566