RECOMMEND
RECOMMEND
図解でよくわかる 上手な時間の使い方が身につく法
図解でよくわかる 上手な時間の使い方が身につく法 (JUGEMレビュー »)
加藤 幸弘
時間管理ができるわけない加藤が何を言っているんだろう?

と思ったら読まなくてもいいから買ってね^^
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

デンパ系DQNブログ

フシダラでイイカゲンで無芸大食で足が臭い
嘘は刹那の連続でつく
<< 実はゆうこりん好きです^^ | main | 縛ってもらおうかな^^ >>
国家と愛国心
池田信夫さんはいろいろ勉強してたんだろうなぁ.
愛国心の進化』はなかなか面白い.

国家というのは案外新しい概念だろうし,
そこに愛国心を関連させるために,
古来からの伝統や歴史を中心に据えるのは無理があるんじゃないかと思う.

ミームを使って説明するのは面白いかも.

そういえば池田さんが『帝国』を紹介したのは早かった^^V
原書を購入して読んだフリしました(笑)


教育基本法の改正でも、愛国心が論議になっているが、それは「伝統や郷土を愛する心」というような自然な感情ではない。愛国心が存在するためには、当然その対象である国家が存在しなければならないが、主権国家という概念は17世紀以降の西欧文化圏に固有の制度であり、家族や村落などの自然な共同体とは違う。国家は、ベネディクト・アンダーソンのいう想像の共同体であり、具体的な実体をもたないがゆえに、それを愛する心は人工的につくらなければならないのである。



ベネディクト・アンダーソンの弟のペリー・アンダーソンは
その名も『ニューレフト・レビュー』を舞台に活躍した学者だけど,
兄弟で思想が違ってもまぁそりゃありえるだろう^^

| 他人様のブログ拝見 | 22:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://blog.yukihirokato.com/trackback/369537