RECOMMEND
RECOMMEND
図解でよくわかる 上手な時間の使い方が身につく法
図解でよくわかる 上手な時間の使い方が身につく法 (JUGEMレビュー »)
加藤 幸弘
時間管理ができるわけない加藤が何を言っているんだろう?

と思ったら読まなくてもいいから買ってね^^
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

デンパ系DQNブログ

フシダラでイイカゲンで無芸大食で足が臭い
嘘は刹那の連続でつく
<< 縮図 | main | 血圧 >>
感謝祭のころの飛行機事情
感謝祭の時期の米国往復航空券は通常の数倍の価格で,東京←→シカゴはエコノミーでも28万!
どんなに混んでいても,新幹線じゃないから立乗りはないのは救いだ.

シカゴはUAのハブ空港なのだが,午前便と午後便があって,どちらかがANAとのコードシェア(共同運航)だ.
以遠権を駆使し,一度シカゴに到着した国際便は,今度は国内便に化け,他の都市(しかも複数地)へ飛び立つ.
当然,効率がいいし,ガイジンは以遠権が使える便に乗るにきまっている.

こうしてみると,成田を国際,羽田を国内に分けるって全く意味がない.
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1284001923&owner_id=132783


日本の航空行政の特色は新幹線という競合相手がいることかもしれない.
新幹線と国内線のしなくてもいい競合がある.
他国じゃこういう競争はありえない.

外国って言っても,
アメリカは鉄道が未発達というか,先に航空機輸送が発達してしまった.
ヨーロッパ(特に英国)は鉄路が発達したが,新幹線はないので時間的に飛行機に勝てない.
せいぜいユーロスターがあるけど,ヨーロッパ全土を網羅しているとは言い難し.
国土が膨大なロシアは飛行機が圧勝だ.

ついでに,アジアの植民地(特に英国領)の鉄道は人ではなく資源を港に運ぶために建設されたので,人の交流を考えていない.
その英国の高速鉄道を日立が受注できたのは感慨深い.
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0902/13/news041.html


航空会社は人口1億人に1社あればいいと言われていて,アメリカの国際線はたぶん3社か4社(アメリカン,ノースウエスト&デルタ,UA,コンチネンタルもか?)
ヨーロッパの航空会社が統合体制になっていくのも,世の中のすう勢かと.
この感覚だと日本は1社で足りる.

韓国も大韓航空とアシアナがあるが,そのうちヤバくなるかどちらかがLCC(格安航空)になる.
やっぱJALが不要なのは明らかだ.


航空会社がホテルを経営しているのも日本の特色だろう.
UAホテルとかデルタホテルはありえない.
案の定,パリの日航ホテル(セーヌ川のほとりにある)やバンコクの日航ホテル(不思議なくらい不便なところにあった)は売却された.
| 日記 | 02:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://blog.yukihirokato.com/trackback/1511813